パスポート認証・著作権登録


「パスポート認証」や「著作権登録」はWIN行政書士事務所へ!
ホーム
パスポート認証
著作権登録
電子定款
その他のサービス
事務所概要
お問い合わせ

深夜酒類提供飲食店営業開始届

深夜酒類提供飲食店とは

「深夜酒類提供飲食店」とは、主に酒類を提供するバーやカフェ等の飲食店が、午前0時を超えても酒類を提供して営業するものをいいます。開業する場合には、10日前までに店舗の管轄の警察署へ届出が必要です。
なお、深夜酒類提供飲食店は接待を行うことはできません。接待を行う場合には、他の風俗営業許可又は届出が必要となります。

届出

以下の要件を満たす必要があります。

@場所的要件
住居集合地域に該当する場所では、深夜における酒類提供飲食店は営業できません。

A構造的要件
1.客室の床面積が9.5平方メートル以上であること(1室の場合除く)
2.客室に見通しを妨げる設備がないこと
3.風俗を害するおそれのある写真、装飾等の設備がないこと
4.営業所の照度が20ルクス以上あること
5.騒音、振動の数値が条例で定める数値以下であること
6.ダンスをする踊り場がないこと

開業までの流れ

1.店舗を決定する前に、場所的要件・構造的要件等に問題がないかご確認ください。
2.飲食店営業許可を取得していない場合には、まずは飲食店営業許可の取得が必要となります
 ので、事前に保健所へ相談後、保健所へ申請を行い、許可を取得します。
3.要件に問題がないようであれば管轄の警察署に事前に相談に行きます。
4.書類の準備をして警察署へ申請書を提出します。書類のチェックを受け、OKであれば10日後
 から営業開始ができます。

業務内容によっては、他の届出等が必要になる場合もございますので、開業をご検討の場合には、一度ご相談ください。


お問い合わせ
無料相談
特許申請.netはこちら

Copyrights (C)2009 WIN行政書士事務所. All Rights Reserved.