パスポート認証・著作権登録


「パスポート認証」や「著作権登録」はWIN行政書士事務所へ!
ホーム
パスポート認証
著作権登録
電子定款
その他のサービス
事務所概要
お問い合わせ

種苗法

種苗法(しゅびょうほう)とは、植物の新品種の創作に対する保護を定めた法律であり、植物の新品種の創作をした者は、その新品種を登録することにより、植物の新品種を育成する権利を占有することができることです。

育成者権における権利のついては、実用新案権や特許権のしくみととても似ていて、例をあげると、優先権や専用利用権、通常利用権、先育成による通常利用権、裁定制度、職務育成品種などの共通点があります。

種苗法における育成者権は、ほかの知的財産権と同じで、最近ではアジアなどにおける海賊版の農産物が問題となっています。

例をあげると、日本で開発された新品種が、韓国や中国などで勝手に栽培され、日本に逆輸入される事件がありました。

このような事件は、農業関係者の努力にただ乗りする行為であり、日本の付加価値の高い産業の力を弱めてしまうことになってしまいます。

このため、農林水産省生産局や政府各機関で、育成者権の侵害対策強化に取り組んでいるのが現状です。


お問い合わせ
無料相談
特許申請.netはこちら

Copyrights (C)2009 WIN行政書士事務所. All Rights Reserved.