パスポート認証・著作権登録


「パスポート認証」や「著作権登録」はWIN行政書士事務所へ!
ホーム
パスポート認証
著作権登録
電子定款
その他のサービス
事務所概要
お問い合わせ

古物営業許可

古物商とは

一度使用された物品、新品でも使用のために取引された物品、又はこれらのものに幾分の手入れをした物品を「古物」といいます。
古物は、古物営業法施行規則により、13品目に分類されています。 古物の買い受け、交換又はこれらの委託により、売主等に利益が生じる場合は、許可が必要となります。
古物営業を始めるには、都道府県公安委員会(営業所の所在地のある警察署の防犯係に申請)から古物商の許可が必要です。 複数に営業所がある場合には、都道府県ごとに許可が必要です。
同一の都道府県内に複数の営業所がある場合は、主たる営業所を管轄する警察署に古物商許可の申請を行います。

許可が必要な行為

具体的には、以下の行為を行う場合には許可が必要となります。

•古物を買い取って売る。
•古物を買い取って修理等して売る。
•古物を買い取って使える部品等を売る。
•古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う(委託売買)。
•古物を別の物と交換する。
•古物を買い取ってレンタルする。
•国内で買った古物を国外に輸出して売る。
•これらをネット上で行う。

許可要件

下記に該当する方は許可が受けられませんので、ご注意ください。

1.成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
2.禁錮以上の刑に処せられ、又は一定の犯罪により罰金の刑に処せられて、その執行を終わ
 り、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
3.住居の定まらない者
4.古物営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
5.法定代理人が前記1から4までに掲げる事項に該当するとき
6.法人役員が前記1から3までに掲げる事項に該当するとき


お問い合わせ
無料相談
特許申請.netはこちら

Copyrights (C)2009 WIN行政書士事務所. All Rights Reserved.