パスポート認証・著作権登録


「パスポート認証」や「著作権登録」はWIN行政書士事務所へ!
ホーム
パスポート認証
著作権登録
電子定款
その他のサービス
事務所概要
お問い合わせ

風俗許可

風俗営業

風俗営業とは、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」で定められた業態のことを指します。
風俗営業を営もうとする者は、風俗営業の種別に応じて営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません。
公安委員会の許可を受けるには、営業所の所在地を管轄する警察署に、許可申請書及び添付書類を提出することになります。
許可を受けないで風俗営業を営むと処罰の対象となります。

風俗営業の業種

[接待飲食等営業]
1号営業(キャバレー)
キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業。
2号営業(料理店・社交飲食店)
接待、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業。(1号に該当する営業を除く)
3号営業(ダンス飲食店)
ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスさせ、かつ、客に飲食をさせる営業。(1号に該当する営業を除く)
4号営業(ダンスホール等)
ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業。(1号,3号に該当する営業又は法令で定める資格のある者がダンスを教授する場合を除く)
5号営業(低照度飲食店)
喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、客席の照度を10ルクス以下として営むもの。
6号営業(区画席飲食店)
喫茶店・バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客室を設けて営むもの


[遊技場営業]
7号営業(パチンコ・マージャン等)
まあじゃん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせるもの。
8号営業(ゲームセンター等)
スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備えて客に遊技させるもの。(7号に該当する営業を除く)

申請に必要な書類

・営業の方法を記載した書類
・営業所の使用について権原を有することを疎明した書類
・営業所の平面図
・営業所の求積図
・客室その他の求積図
・照明・音響設備図
・営業所の周囲の略図
・定款(法人の場合)
・登記事項証明書(法人の場合)
・本籍記載の住民票(法人の場合は役員全員)
・市区町村長の身分証明書(法人の場合は役員全員)
・登記されていないことの証明書(法人の場合は役員全員)  など

申請には上記以外にも多くの書類が必要です。
専門知識が必要となる書類が多数ありますので、専門家にお任せすることをおすすめします。


お問い合わせ
無料相談
特許申請.netはこちら

Copyrights (C)2009 WIN行政書士事務所. All Rights Reserved.